家づくりストーリー

隠れ家ハウス

これからは戸建てにmarunehome_4.JPG賃貸に住んで一年。
家賃払い続けるのももったいないよね、、、
と思いながらもなにも行動に移していませんでした。
両親に「土地ぐらい探しておきなさいよ」と言われ
やっと本腰を入れ始めました。
私たちは二人とも、マンションという選択肢はなかったので、
おのずと土地探し、家探しに乗り出しました。

土地探しは苦労する、と聞いていたけれど、
探し始めて一か月ちょっとでこれだ!
という土地に出会ってしまいました。
さっそく契約してしまったけれど、
そこは市街化調整区域。
実際に家を建てるまでには時間がかかりそう。。。
ということで、家を建ててもらう会社を
ゆっくりと探し始めました。

コスモしかないmarunehome_1.jpgなんとなく近くの住宅展示場に足を運ぶも、
どれもう~ん、、、これだ!と思うことはありませんでした。
こんな気持ちじゃどこにも決められない、、、
そんな時、建築士である妻の兄の言葉がきっかけでした。
「コスモホームって良さそうだよ」
さっそく調べました。

運よく、その週末に完成見学会を
やってるとのことで、行くしかない!
それが初めてのコスモホームとの出会いでした。

今のアパートは新築ですが、
なにせ湿気がこもる部屋なのです。
梅雨時には大切なカバンにカビが生えてしまったことも、、、
北側の寝室の角は、湿気や結露で壁紙が
少しはがれてしまいました。
冬なんて、結露で窓はびっしょびしょです。。。

その初めての見学会で、初めてモイスという壁材に触れ、
なにこれ!これはいいかも!
そんな感じでその一日でコスモホームに気持ちは傾いていきました。
その時に感じた木の香りも、印象に残っています。
その後もホームページで過去のギャラリーを見ては、
もうコスモしかないっていう気持ちにまでなっていました。

楽しかった打合せmarunehome_2.jpg社長の提案を初めて聞いた日のことをとてもよく覚えています。
その日は、帰りにお隣のRosie tea houseに寄って、
感動の名残に浸りながら、
図面を見ながらパンケーキを頂きました。

その後、始まった打ち合わせは、とにかく密度が濃く、
まる一か月ちょっとは毎週毎週コスモさんへ通う日々でした。
お昼から夜八時ぐらいまでぶっ続けだったことも良い思い出です。
途中、思考回路が停止しそうになったりしたこともありますが、、
榊原さんと、森井さんのパワフルさに二人で驚いていました。

私たちがあーだこーだ言うことを、すべて受け止めてくれ、
そこからいろいろと案を練ってくださり、
様々な提案をしてくださいました。
打ち合わせの期間が終わってしまってからは、
「打ち合わせ終わっちゃった、、、コスモ行きたいぃ」と、
妻はしばらくコスモシックに陥っていました。
私たちにとって、それだけ楽しい時間だったのです。

工事が始まってからも、思いつくままに榊原さんや
現場監督の石原さんにメールしていました。
多少無理なお願いをしてしまっても、出来ませんとは言わず、
方法を考えてくださり、提案してくださいました。
本当に感謝しています。

第2の家づくりmarunehome_7.jpg家づくり、大変だと思っていましたが、
大変以上に本当に楽しい時間でした。

更地の段階から、毎週のように見に行って、
そんな時間がもうすぐ終わってしまうのが、
さみしいぐらいです。
でも、これからは、私たちで第二の家づくりを
していくのが本当に楽しみです。

裏の縁側で緑を眺めながらゆっくりしたり、
読書したり、ウッドデッキで食事したり、
したいことが本当にいっぱいです。

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス