マイホームの
第一歩は、
モデルハウス
見学から。

自分達にあった理想の家ってなんだろう?
見た目がいい家、価格を抑えた家、庭のある家。
パソコン越しでは決して感じることのできない
理想の形がそこにあります。
コスモホームのモデルハウスを体験してみよう。

私達、コスモホームは
「子供の未来をつくる」為に
家づくりをしています。

矢印
私達、コスモホームは「子供の未来をつくる」為に家づくりをしています。
今までは、良い家を作ろうとデザイン、性能、素材、耐震など快適な住環境を目指し拘ってきました。
創業40年を迎え、改めて何の為に、誰の為に、何故家づくりをするのか?を考え「家づくりの目的とは?」を掘り下げました。
家を建てるきっかけの多くは、子供の成長に合わせてスタートします。
何故ならば、良い環境で子供を育てたいという願望があるからだと思います。
そうすると、家族の目的は子育てを中心に進む事になるので、環境づくりが大切になってくると考えます。
私達は子育ての環境に家の持つ可能性を見出したいと思っています。
どんな家が子供の成長にとって良いのか? 親子の距離間、自然素材など健康的な安らぎ空間、動線や子供部屋の考え方など、まさに暮らしの中で子供の感性や生き方が決まって来ると思います。
私達が行き着いた答えが、子供の未来をつくる家こそが本来の家を建てる目的に繋がったと思っています。
すなわち、良い家とは、子供が自分の暮らした家を「良い家」だと言える家こそが、良い家だと思えるからです。
私達は子供の未来に価値を置き、家づくりを通して子供達の幸せを広げて行きたいと思います。

家の広さに対する考え方が変わる
モデルハウス

家は大きければ良いというわけではありません。 しかし、小さすぎるのも限度があります。 家はそもそも大きさが問題ではなく、敷地に対してのバランス、家と庭、太陽の光の差し込み具合、取り入れる確度、そして風を抜く窓の位置、 様々なポイントをクリアして建てなければ良い暮らしにつながりません。 コスモホームのモデルハウスは、外とのつながりや景観を取り入れる工夫で開放感のある居心地がいい空間です。また大人がワクワクできるインナーガレージ・離れ・アウトドアキッチンなどのプラスαの空間があります。ぜひお気軽に無料見学にお越しください。
モデルハウストップイメージ


コスモホームの営業スタイルとは?

売り込みはしない。

 

コスモホームでは営業と言うより、お客様アドバイザーと言ったほうがぴったりくるかもしれません。
経験と実績を活かし、家づくりにおいてトータルにアドバイスいたします。
ご依頼がなければ訪問もいたしません。
家づくりに役立つ新しい情報は、ダイレクトメールやEメール、お電話にてお伝えしています。

安心からはじまるいい家づくり

 

コスモホームの家づくりに興味を持たれた方にはまず、コスモホームならではの家づくりの流れをご説明します。これは、コスモホームで家を建てられる際に大切になってくることを、事前にきちんと確認していただくためです。
そこからご要望をいただければ、資金計画のご提案のほか、諸経費などについても詳しくご説明し、全体の資金把握をしていただくことで安心して家づくりを進めていただけます。
融資や住宅ローン、保険(生命保険)の相談窓口として、金融機関もご紹介しています。
お客様とコスモホーム、お互いの意思疎通ができるまで、じっくり時間をかけてお話していきましょう。信頼し合える関係が築けるまで、家づくりへは進めません。もっと会って話をしましょう。
問題があれば、その解決の糸口もきっと見えてくるはずです。そして、そこからが家づくりのスタートです。


コスモホームの設計スタイルとは?

コスモホームの設計は、独自の考え方を基準として、絶えず進化していくものです。

設計の質で決まる暮らしの質

 

家の設計ではなく、暮らしの設計。設計こそがいい家づくり、いい暮らしづくりの基本となることは言うまでもありません。設計(計画)がうまくいかないと、後から手直ししても直りません。逆に、設計がうまくいけば、家づくりは最後までうまくいきます。
だからこそ、設計の質は高くなければなりません。


コスモホームでは、社長自ら、国内にとどまらず、ドイツやデンマークなど海外の建築物を見学し、設計の勉強にも力を注いでいます。
そして初めの基本設計は、社長が自信をもってお出しできるもののみをお客様にご提案しています。
それはコスモホームの中で、最も経験・知識・設計力のある人間が責任を持ってやらなければならない、その考えに基づいたもの。もちろん、スタッフも日々進化し続けています。

コスモホームの“6つの要”

 

コスモホームには設計スタイルというものがあり、コスモホームならではと呼べる定番のデザインが多くのお客様に支持をいただいています。
それは設計をするうえでのルール(原則)のようなものから創りあげられ、家づくりにおける“6つの要”がベースとなっています。
間取りだけではなく外構・植栽・駐車場の配置や、植栽の位置や種類に至るまでのご提案も、“6つの要”に沿った家づくりであることの裏づけです。


コスモホームの工事スタイルとは?

設計の質で決まる暮らしの質

コスモホームでは、社長自ら現場管理やチェックを徹底。特に外構工事などの最終仕上げの時期には現場に張り付きます。
それは、当初のご提案通りに庭や外構計画を仕上げるため。
自ら設計した建物に誇りとこだわりと、そして自分の仕事に納得するために必要とあらばスコップも握ります。設計でもこだわりますが、やっぱり最後は現場を見ながら最後の最後までもっと良くなることはないかと考えているのです。
お客様の家ではあるけれども、自分の家のように、こだわりは最後まで尽きません。
その一つ一つの作業の積み上げが、コスモホームの家づくりにつながっていきます。

コスモスタイルと言われる建物は、細部の納まりや自然の素材、そして仕上げ方にも工夫を凝らしています。街中でもひと目でコスモスタイルと分かる存在でありたい。多くの人の目にさらされる建物だから、いつまでも美しくあり続けることが理想です。

現場はいつもクリーンに

建物内部にはクリーンボックスという箱を設置しています。中にはヘルメットやスリッパを常備してあり、お客様に現場をいつでも見学していただけるように整えています。
また、基礎工事の終了と共に、ブルーシートで現場を覆います。これは泥や砂を建物内に入れないため。一見、異様な雰囲気がしますが、屋根ができるまで家を雨から守るために配慮したものです。

近隣への配慮

コスモホームでは、近隣への挨拶を3回は行います。着工時、上棟時、そして、完成時です。工事中にご迷惑をお掛け致しますので、挨拶や現場の清掃、騒音や車の止め方など、注意を払い、円滑に工事を進めて参ります。また、工事期間中は近隣の皆様より網戸の張り替えから、外壁の塗装など、家に関するお悩みやご相談などを積極的に承っています。