家づくりストーリー

空と緑と暮らす坂の上の家

家について考える結婚して住み始めたアパートは、南向き3階建ての3階角部屋で日当たり・眺めがよく、公園や商業施設もほどよく近いとても住みやすい環境でした。夏にはおいでんの花火が見え、この部屋を買い取ってもいいねと冗談で話すほど気に入っていました。ほどなくして長男が生まれ、泣き声や走る音など下の階に気を遣うようになり、子どもがのびのびと動き回れるマイホームがほしいなと考え始めました。
 
私も妻も県外出身、お互い田舎の戸建て育ちということもあり、選択肢は戸建てのみでした。家購入に関してまったくの無知だった私たちは、とりあえず住宅展示場に行ってみようと思い立ち大手ハウスメーカーを見て回りました。そこで思い知ったのが豊田の土地の高さ、土地を持っていない私たちに土地から購入し注文住宅を建てるのは金銭的に厳しいという現実でした。そこで建売や中古の戸建ても視野に入れ、探すことにしました。建売をたくさん内見することで夫婦の好みやこだわりたいところ、土地の相場などがわかってきて勉強にはなりましたが、「ここに住みたい!」と思える家には出会えませんでした。ほぼ毎週のようにハウスメーカーの説明会、内覧会、工場見学に長男を連れて参加することに疲れ二人目を妊娠したこともあり、一旦家探しをやめることにしました。
 

コスモホームとの出会いそれから1年が経ち、二人目が生まれ今度こそマイホームを!と思い立ちました。妻は日々ネットで調べ某ハウスメーカーに狙いを定め、勝手に営業の人と土地を探し始めていました(笑)。私も納得はしていたものの、営業の人を信用しきれずなにかが心に引っかかっていました。そんなとき知り合いに家を建てたいと考えていることを伝えると「うちの家すごくいいよ」とコスモホームを薦められました。実際にコスモスタイルの冊子を見せてもらい、見た瞬間「これだ!」と感じました。すぐにモデルハウス見学の予約をして、渋る妻を連れて見学しました。
 
玄関に入るとふっと木の香りがして、とても気持ちがよく、広さや窓の大きさ、3階のレイアウトなどすべてが心に響きました。そしてそこで対応してくれたのが深谷さんでした。丁寧にコスモホームについて説明し、窓の位置や植栽の大切さ、自分たちがどんな暮らしをしたいのか、という家づくりの根柢の部分を考えさせてくれました。今までの出会った営業マンの中には、会って数分で年収を聞いてくる人、次回会う予約をしないと帰してくれない人などいろんな人がいましたが、深谷さんはいい意味で他とは違う、本当に営業マン?(笑)でした。もっと話を聞きたい、コスモホームについて知りたいと思い、初めて自分から連絡をして次回会う予約を取りました。そこからはOB宅で実際の暮らしの様子や住み心地のよさを聞かせていただいたり、完成見学会に参加したりしてコスモホームがどんな家づくりをしているのかを知っていきました。
 

土地は偶然に私推しのコスモホームにするのか、妻推しのハウスメーカーにするのか、お互いが譲らない中、並行して土地探しを始めました。土日しか時間の取れない私に代わって、妻が平日子ども2人を車でお昼寝させ、不動産屋さんからもらった資料を頼りに現地を見に行く。よさそうなところを絞って土日みんなで見て判断する、という作業で手あたり次第土地を見ていきました。気になる土地は深谷さんにも相談し、そのたびに豊田市まで土地を見に来てくれ適切なアドバイスをくれました。
 
そのうち妻から「あなたが絶対気に入るだろう」というイチ押しの土地が見つかり深谷さんと共に見に行きました。坂の上で見晴らし・日当たりがよく近くに大きな公園があり、自然豊かな場所で金銭面でも予算内でした。今より多少不便にはなるけれど、田舎育ちの私たちには許容範囲内の田舎っぷりでここに決めようと思い深谷さんに伝えました。その後近所の方に話しを聞いてくれたり、役所で調べてくれたりと私たちのために動いてくれました。一方妻推しのハウスメーカーでは、この土地は重機が入らないため工事ができない、造成にお金がかかるので予算オーバーになると言われてしまいました。その対応の違いに妻も心変わりし、コスモホームがいい、この土地でコスモホームの家でならのびのびと子育てしている様子が想像できるということで納得してくれました。
 

イメージを形にやりたいこと、こんな家にしたいと希望を伝え、モデルハウスが一番グッときた私はそれをベースに設計をお願いしました。初め森井さんから提示されたプランがすばらしく、ほぼそのままの形で採用となりました。話し合いの中でこうしたい、こちらに移動したいといえばささっと鉛筆で描いてくれ、平面図では想像できない私にはとてもわかりやすかったです。「鳥になったつもりで上から見てください」と言われた外から見たイメージ図がとても印象に残っています。森井さんには我が家の完成形が見えているのだろう、プロの仕事を間近で見せていただきました。
 
プラン決定後は榊原さんにたいへんお世話になりました。やんちゃな長男の相手から予算内に収まるように、かつおしゃれで機能的なものをという妻の無茶な要望にもあきらめず応えてくれました。予算の兼ね合いで削除するか最後の最後まで迷ったキッチンタイルなど上棟後の変更にも嫌な顔せず(していたかもしれませんが(笑))検討します!といつも前向きに考えてくれました。そのおかげで夫婦ともに大満足の家に仕上がったと思います。
 

自然のものに囲まれて緑豊かな環境で温かみのある杉の床、モイスの壁と自然のものに囲まれて子育てができることが楽しみです。子どもたちが走り回って成長していく姿が目に浮かびます。めんどくさがり屋の夫婦ですがウッドデッキや植栽、床の手入れも子どもたちと楽しみながらやっていきたいと思います。
 
営業マン不信になっていた私たちを救ってくれた深谷さん、独特の癒しオーラを放つ森井さん、ツボに入るとずっと笑っているかわいらしい榊原さん、頼りになる現場監督の山口さん、顔に似合わずお洒落な提案をしてくれる照明スペシャリストの岩月さん、そのほかコスモホームみなさんのおかげでここまでこれました。本当にありがとうございました。

コメントする

お問い合わせはこちらから

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス