家づくりストーリー

間口のデザインが決める、表情豊かな家

いいなぁと思える家
いつかは戸建をと思いながら、以前住んでいた街で
eastkami_2.JPG分譲中の家を時々見に出掛けていました。

そのうち地元の工務店の木の香り漂う
モデルハウスに足を運んだ際、
なんて気持ちが良いんだと思ったものの、
広大で贅沢な間取りに圧倒され、
自分たちには無理だとあきらめ家探しは一時休止。

そんな頃、兄弟の家で毎年やるバーベキューに参加した時、
『こんな感じいいなぁ』と2人が同時に思ったのは、
程よい広さの室内と緑一色の庭。
しっくり来た瞬間でした。


出会い
数年経って、引っ越した先でも、
たまに分譲住宅の見学に出掛けていましたが、
eastkami_1.jpgもうどこかで選ばなければならないという、
焦りを感じ始めていました。

そんな時、昨年7月に完成見学会の広告が入り、
そこには10坪の建物と書いてあり、全くイメージできず
『狭い。どんな感じかここは見ておきたい』と、
とりあえず出掛けて行った先が
コスモホームさんの建物でした。

家族が寛ぐリビングはウッドデッキと繋がり心地よい広さで、
部屋は木の香りが漂い、明るく開放的で、
空気が柔らかく感じました。
以前見た豪華な木の家の設備が、
全て織り込まれ、広さが私達に調度いい。
衝撃でした。『ここ何っ』。
その日のうちに頂いた本をほとんど読み、
家を建てるまでの手順を知り、
何が大切かも勉強することができました。

ワクワクした打合せ
eastkami_5.jpg何とかしてコスモホームさんで建てたいという思いに
突き動かされ、土地探しや資金計画を同時に始め、
営業の皆さんにサポートして頂きながら、
苦労の末どうにか契約までたどり着くことができました。

その後にくる設計打ち合わせでは、
『どうしましょう?じゃあこうしましょう』
と軽快に設計変更していく森井さん。
決まって打ち合わせ前日は期待でワクワクして
なかなか寝付けませんでした。

森井さんの設計教室では最後に
『いい住まいとは「奥様の心」が穏やかであること。
それが、和やかな家庭の源泉』
思い出せば見学会のアイランドキッチンに
立った奥さんは満面の笑みでした。
eastkami_3.jpg
言わずにあきらめていた事も、
後から後から榊原さんにぶつけその都度解消。
そのおかげで後悔のない家作りができました。
最終段階の現場打ち合わせでは
『社長が来てる。何か起こるかも知れない』
と現場に入る足取りも軽くなりました。
やはり設計変更する社長。
この社長の感覚が、多分お客さん達にとっては
最後になくてはならないスパイスになるんだと感じました。


eastkami_4.jpg
現場も徐々に出来上がる様子を見学させて頂けて、
職人さん達の技術に毎回驚かされていました。
写真やビデオもたくさん撮り続けました。
そして、極寒の中での作業でも、
丁寧な仕事をして頂いて、本当に感謝しております。

この家に住んで、実際何が家族を幸せにするか、
ひとつひとつ実感していくのが楽しみでならないです。

コメントする

お問い合わせはこちらから

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス