人と人がふれあう家づくりを

TEL:052-623-5371
menu名古屋の工務店|注文住宅・木の家が得意なコスモホーム ナビゲーションメニュー

HOUSE STORY

家づくりストーリー

名古屋の工務店コスモホームのスタッフブログでは、
お客様と家づくりを行う日常の風景を更新しています。

家づくりストーリー

森林とまちを結ぶ高台の家

いつかは家を
今住んでいる社宅は、多少狭いものの
特に不自由な点もなく、のんびりと暮らしていました。
入居期限もまだまだ先。しかし、毎週のようにどこかの世帯が
yawa-4.jpg退去していくのを見て、いつかは私たちも家を持ち、
退去する日がくるんだよなぁ~と漠然と考えていました。

社宅のポストには毎日のように宅地情報・建売物件や
マンションのチラシが投函されていました。
土地の値段を見ては「高いなぁ~」。
建て売りの間取りを見ては「う~ん・・・、イマイチ」。
マンションの写真を見ては「やっぱ戸建てがいいなぁ」。
ポストのチラシは一応じっくり見てみるものの、
何かとケチをつけて、結局最後はゴミ箱行き。

そんなことを繰り返していたある日、一枚のチラシが目に留まりました。
それがコスモホームの宅地分譲のチラシでした。
ただ、そのチラシに家の写真は載っておらず、ただ何となく
「この土地いいな」「この広さでこの値段かぁ。
今後の参考にしよう」と思い、とりあえず取っておいた最初のチラシでした。

コスモホームってどんな家?
社宅の入居期限はまだあるけれど、焦って失敗したくない。
ゆっくりのんびり家探しと思い、近所のハウジングセンターへ。
yawa-2.jpgたくさんの家を見て、ふと気づいたことが・・・
わが家には家を建てる土地が無かった!

そんなとき、数ヶ月前引き出しにしまいこんだあのチラシを
思い出し、もう一度改めてじっくり見てみることに。
建築条件付きだけど、どんな家なのかわからない。
早速、夫と一緒にパソコンでコスモホームを検索。
ギャラリーの写真を見てみると、なんとも可愛らしい家が!
なんだかス・テ・キ♪
実際に見てみようということになり、
すぐに見学会へ申込みました。

見学会で初めて営業の深谷さんにお会いし、たくさん話を伺いました。
結局チラシの土地とは縁が無かったのですが、
初めて見たコスモホームの家はハウジングセンターで見た家とは明らかに違い、
木をふんだんに使った心地よい空間が広がっていました。それに大きな窓に広いウッドデッキ。
暮らしに合わせた設計など、家を建てるならコスモホームがいいね、
と夫婦の意見が見事に合致した瞬間でした。土地はまた時間をかけて探し、
それまでコスモホームの家をたくさん見てみようと思っていたのですが・・・

高台の土地
意外と早く気になる土地が見つかり、深谷さんに相談。
yawa-3.jpgするとすぐに現場まで見に行ってくださり、
その行動力の早さにビックリ。
高台の土地ということで、
いくつか気になる点があったのですが、
鈴木社長にも一緒に土地を見て頂いて
「ここならカッコいい家が建ちますよ」の一言で購入決定!

その後、土地の契約やローン契約の際は
すべて深谷さんに立ち会って頂き、とても心強かったです。
私たち夫婦ではここまでスムーズに
事が進められなかったと思います。
さすが、営業リーダー深谷さん!とても感謝しています。

見えるカタチに
さあ、いよいよ打ち合わせ。ここでは森井さん、榊原さんの連携が絶妙で、
私たちの希望を伝えると森井さんがアイデアを出してくださり、榊原さんが電卓と定規を駆使する。
そのおかげで打合せもどんどん進み、あっという間に着工となりました。

完成した未完成の家
打合せの際に鈴木社長をはじめ、森井さんや榊原さんには
yawa-5.jpgたくさんの提案をして頂いたのですが、
予算の都合上、断念したものも多くあります。
でも「いつかこうしたい、ああしたい」と、
家が建った今でもまだワクワク考える事があります。

建てて終わりではなく、まだまだ成長できる家。
そんな風に思えるのがコスモホームの良さだと思います。
これからは家族や友人を呼んで、庭でBBQをしたり、畑や庭いじり。
遠方の両親にも遊びに来てもらい、ゆっくりと流れる時間を
コスモの家で過ごしていきたいと思っています。


感謝の気持ち
こうして無事に完成したのも鈴木社長はもちろん、
yawa-1.jpg営業の深谷さん、設計の森井さん、榊原さん。
電気工事の岩月さん。現場監督の石原さんや職人さん。
そして快く暮らしを見せてくださった
OBの方々のおかげです。
本当にありがとうございました。

そしてこれからも
末永いお付き合いをよろしくお願い致します。

よくあるご質問 イベント情報はこちら コスモホームの想い コスモホームのスタイル