人と人がふれあう家づくりを

TEL:052-623-5371
menu名古屋の工務店|注文住宅・木の家が得意なコスモホーム ナビゲーションメニュー

HOUSE STORY

家づくりストーリー

名古屋の工務店コスモホームのスタッフブログでは、
お客様と家づくりを行う日常の風景を更新しています。

家づくりストーリー

確かな味わい、自分達スタイル

家づくりのきっかけ
結婚当初はアパート住まいでしたが、夫婦二人とも将来は一軒家という思いは一緒でした。
人生で一番高い買い物である家の購入に失敗したくないという気持ちから、
まずは家の勉強をと思い本・雑誌を買い漁り始めました。
色々と知識はつきましたが、行き着いたのは、
いかに自分達が納得のいく良いハウスメーカー・工務店を選択できるかということでした。

アパート暮らしが2年経った頃、あるきっかけから一軒家を借りることとなりました。
その家にはOMソーラーがあり、木の香りと冬のほんわかとした
家全体の暖かさは今まで体感したことのないものでした。
この経験から私達は、OMは必須ではありませんでしたが、
木のぬくもりの感じられる家がいいなと思い、
序々に木の家の見学会や展示会場に足を運び始めました。

コスモホームとの出会い
問題は土地探しでした。
立地条件や周りの環境が良く自分達の予算に合う土地は、なかなか見つかりませんでした。
希望エリアも広げ、何軒もの不動産会社をまわることとなり、
中古住宅や土地付きの大手ハウスメーカーも検討し始めた頃、
新聞の折込チラシに入っていたコスモホームの現場見学会のチラシが目に留まりました。
A4サイズ一面に、いいことばかりの文章が小さな字でびっしりと書かれていて、
読んだ瞬間は正直うさん臭いと思いましたが、
鈴木社長の顔写真のふきだしコメントの「私は負けない」の文字がとても気にかかり、
その見学会は行かなかったのですが、HPを覗いてみました。

すると1時間位見入ってしまい、今までの自分達の若干の知識と経験から、
ひょっとしたらすごくいい工務店かも!?と思い、次の見学会を予約しました。
家選びの勉強や土地を探し始めて四年ほど経過していました。
見学会では、黒いガルバのかっこいい外観、木の香り、窓越しの景観、
セールス一辺倒でなく丁寧な説明や私たちの質問に答えてくれた深谷さん。
すぐに「住まい教室・設計の話」を予約しました。

土地が見つかった
「設計の話」は、目からウロコの連続でした。
社長の言葉の「南向きの正方形の優等生な土地ばかり探さないでください」
「うなぎの寝床の様な土地でも家の建て方でどのようにでもなる」
といった私たちの今までの常識では考えられない言葉を聞き、
土地の難点は何とでもなることが一番の収穫でした。
これを機に土地探しに疲れ始めていた私たちは再度土地選びに奮起することができました。

あと今までの土地探しの際、妻が見かけた
「こういう外観の家がいい」と言っていた2、3軒の家が、
偶然にも全てコスモの家だったこともわかり、
OMの家の経験やコスモの緑区の所在地が妻の実家と近いことなども含めて、
何か目に見えないご縁を感じ、コスモさんにお世話になると思い始めました。
その後の土地探しでは、気になる土地があると社長や深谷さんに伝えると
すぐ見に行って頂き、とても感激しまた心強かったです。

そして「設計の話」から約2ヵ月後、とうとう土地が見つかりました。
ネットで探した古家付きの土地でしたが、妻も土地を見た瞬間に今までで一番の好反応、
また社長からもいい土地との回答と値段を下げる交渉のアドバイスまで頂き、購入を決めました。

家づくり開始
社長とのヒアリングに向けて、夢ノートを使って私たち夫婦はそれぞれの家への想いの整理と
家族の将来設計も含めてより多くの話し合いができ、とても良い機会でした。
そして社長からのプランの提示、私たちの想いが
オリジナルな図面として具現化されていて大変感動しました。
予算との兼ね合いなどから変更を重ねることとなり、

深谷さんには、私たちの自宅で手持ちの食器類の量が
新しいキッチンに収納できそうか見てもらい、また銀行のローン契約の折は
急な私たちのお願いにもかかわらず司法書士さんや銀行の担当者と
連絡をすぐとってもらい不手際な私たちの手助けをしてくれたことにはとても感謝しています。

森井さん、溝口さんには、設備・建具などで
私たちの細かな質問要望にも即答して頂き、うれしかったです。
ヒアリングから最終決定まで約6ヶ月と長かったですが、私たちのペースにあわせてくれて、
完成の想像を膨らませながらワクワクとした日々が過ごせました。

工事着工からは、あっという間でした。
一軒の家ができるのに、多くの方が携わっていることを実感しました。
工事監督の石原さん始め、皆様方、本当にありがとうございました。
現場には週一回とあまり多く行けませんでしたが、家族の毎週のイベントと化していました。

最後に
ただ生活するだけの家ではなく年月を経るにつれて味のある家にしていく為に
家をメンテナンスしていくことが私たちの暮らしの一部になります。
そしてストレスのない心地よい暮らしをし続けていくことがこれからの私たち家族の目標です。
コスモスタッフの皆様へ。いつまでも変わらない今のままのコスモホームでいてくれたらうれしいです。
本当にありがとうございました。

よくあるご質問 イベント情報はこちら コスモホームの想い コスモホームのスタイル