人と人がふれあう家づくりを

TEL:052-623-5371
menu名古屋の工務店|注文住宅・木の家が得意なコスモホーム ナビゲーションメニュー

HOUSE STORY

家づくりストーリー

名古屋の工務店コスモホームのスタッフブログでは、
お客様と家づくりを行う日常の風景を更新しています。

家づくりストーリー

時間と共に優美にうつろう家

ふたりの夢
joutouok.jpg以前からモデルハウスが好きな私は、嫌がる主人を連れ
「こだわりの家を建てる」という二人の夢をかなえるためにハウジングセンター通いをしていました。
木の家が良いという思いは固まったものの惹かれるハウスメーカーはありませんでした。
ある時、職場の同期であるKさん(コスモホームで建設中)に誘われ、
同期であるTさんの完成見学会へ行きました。
それがコスモホームとの出会いでした。
第一印象は、木の節目があったりボルトがむき出しになっていたりと、
完成品?と不思議に思いましたが、木の良い香りは忘れられませんでした。
その日は、Kさん、Tさん一家と桂珈琲舎でお茶をして帰りました。

その後、送られてきたCOSMOびよりで、八ッ松の家の完成見学会を知り、
主人の実家の近くだからちょっと行ってみようという事になりました。

長居するつもりはなく「ちょっと見るだけ~」と玄関を開けると
「何!この玄関の広さ!」と衝撃を受けました。
そこで、初めて深谷さんに会い、今までの不思議について質問しました。
今までの営業マンとは違って押し付けがましくなく、話しているのが心地よかったです。
そのまま、モデルハウスへ行き、階段、お風呂、和室から見える坪庭など・・・驚きの連続でした。
そこで鈴木社長と会い、話しているうちにすっかり長居していました。
ここから私たちは、コスモファンになりました。
お互い「コスモホームいいね」という言葉はなかったのですが、
見学会に足を運ぶようになり、住まい教室へ参加することにしました。
社長の話を聞いていると、とても楽しくなり、夢が膨らみました。

以前から父に風通しのこと、採光のことを聞かされていた私は
「ここなら、父も納得してくれるかも」と思いました。
その後、バス見学会、OB交流会などいろいろな行事に参加し、どっぷりコスモにつかりました。


緑豊かなところへ・・・

gaikou.jpgしかし、私たちには大きな問題が・・・。
その問題を避け、楽しい家づくりばかりに夢を膨らませていました。
その問題とは、土地!しかも住む場所さえ決まっていない・・・。
主人と私の職場が反対方向で、今は私よりの日進に住んでいますが、今後はどうしよう・・・。
私が仕事を続けるのなら日進、長久手、瀬戸・・・退職するなら豊明、名古屋。
社長に「仕事を続けて、緑の多い瀬戸で!」と言われるものの、
いまひとつ踏ん切りがつかず、日進で探し始めました。
深谷さんから頂いた情報で数件見ましたが、条件に合わず次第に探すのをやめていました。

そのころ主人が、私のことを思い
「日進より瀬戸の方が働きやすいし、土地も安いから瀬戸にしよう」
と言ってくれて、瀬戸で探すことにしました。
地元の不動産屋にお願いして何件も見せてもらいましたが、いまひとつピンとこず・・・。
そんな時、私の両親が「うちの隣の土地に建てたら」と言ったことを
見学会の時に社長に軽く話すと「では、すぐ見に行きます」と
その日のうちに見に来てくださいました。(本当に他の方のレシピに書いてある通りです。すごい!)
そこに置いてあった重機の屋根に上り、「ここにしましょう。眺めも最高」と言われました。
その後、数回社長と話し合い、その土地に建てることにしました。


楽しい暮らし

kentikutyuok.jpgこだわりが多い主人と私。いっぱいの要望を社長に話しました。
そして、待つこと3週間、いよいよ図面が出来上がってきました。
どきどき、わくわくして図面を見ると「あれ?何か違う、階段はそこ?」
モデルハウスの階段がお気に入りだった私たちは、ちょっぴりがっかりしました。
でも、社長と話しているうちに、その気持ちはなくなり、楽しい暮らしを想像している私たちがいました。
しかも主人は、イームズやフランク・ロイド・ライトなどの家具好きで、
その趣味を理解してくれる社長は、それらの家具を生かす設計をしてくれたので大満足でした。

でも、ひとつ心配事が・・・。
私の父は家相に詳しく、この間取りで賛成してくれるかということでした。
その事を話すと、社長が実家に足を運び、父に話をしてくれました。

満足×2
さぁ、ここからは設計チームとの打合せです。
私は出産を控えていたのであまり時間がなかったのですが、
こだわる私たちはいつも長い打合せになってしまいました。
そのこだわりを私たち以上に真剣に考え、
素晴らしい提案をいくつもして下さる森井さん、溝口さんには頭が下がりました。
そして人と違う物がいい主人は、打ち合わせが終わってからも
水栓や洗面器、薪ストーブなどあれこれ注文し、
私たちが納得するまで付き合って下さり感謝、感謝です。
主人は毎日、出来上がった図面を見て「満足・満足」とニヤニヤしていました。

新しい暮らしへ
hikiwatasiok.jpg出産を無事終え、地鎮祭、着工、上棟式と喜ばしいことがつづき、
図面がどんどん形になっていくことが、とてもうれしく、楽しかったです。
現場では、こだわりの私たちに加え、
私の両親の話にも付き合って下さった石原さん、ありがとうございました。
(父が他の人に「しっかりとした基礎で仕事も良い」と話していた時は、うれしかったです。)
これからは、広い窓からの景色や風、畑の作物で季節を肌で感じながら生活できること、
広いリビングを楽しそうにハイハイする娘、大好きな椅子に座り満足気にコーヒーを飲む主人。
「そよ風」の力を借りて室内干しの嫌な臭いから開放されることを、喜ぶ私。
いや~楽しみで、楽しみで仕方ありません。
ここまで来ることが出来たのも、問題が起き

よくあるご質問 イベント情報はこちら コスモホームの想い コスモホームのスタイル