スタッフブログ

名古屋国際会議場

  • 2011年07月07日
  • 夢の醍醐味ブログ

 

20110707-1.jpg

 

宅地建物取引業の講習会で名古屋国際会議場に行ってきました。この建物が出来たのは20年以上前で、世界デザイン博覧会が名古屋で開催された時です。私は24歳、設計事務所でスタッフとして働いていたころで、世間はバブル景気、地方博覧会ブームでもありました。白鳥会場、名古屋城会場、名古屋港会場の3会場で、4ヶ月間開催され名古屋の街が奇麗になって便利になりました。まず覚えているのは、錦通りの電柱が無くなり信号機がカッコよくなった。東急ホテルやヒルトンホテルができた。東急ハンズが名古屋に出来た。ZIPFMが試験放送をスタートした。地下鉄の名城線の電車にクーラーがついた。外車が多い・・・・・マハラジャによく行った。(笑) 

名古屋国際会議場は当時白鳥センチュリープラザといってテーマ館の役割をしていたように記憶しています。大きな騎馬像はあまり覚えていないのですが、近くで見るとかなり大きいものです。調べてみると、スフォルツァ騎馬像は、レオナルド・ダ・ヴィンチが製作に着手したものの、未完成に終わった騎馬像で、製作が中断したため実物がなく、それを復元したものだそうです。20年たっても真っ白で奇麗でした。

愛・地球博からも6年がたちますが、世界デザイン博覧会を覚えている人も少ないでしょうね。・・・・

 

20110707-2.jpg

 

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス