スタッフブログ

新建ハウジング

DSCN6173.JPG

 

新建新聞社発行の新建ハウジングに我社の社長鈴木岳紀のエコバウツアー視察記「工務店の視点から見るドイツ建築」と題して4回にわたりレポートが連載されています。(第432号 2月10日号より4回) 昨年の秋 鈴木は、イケダコーポレーション主催のエコについての視察旅行で、現地で見て、聞いて、感じた事を工務店の社長として書いています。ドイツは日本と文化は違いますが、もの造りの心はドイツより学ぶ事はたくさんあったと思います。帰国後の興奮した社長はしばらくは、ドイツのデザインの話ばかりでした。まわりを見るといつの間にか、セブンチェアーとアリンコチェアーが増えていまして、かなりヨーロッパに惚れ込んでいます。(笑) コスモホームの社内もスタッフ同士前よりも、デザインについての話が多くなっています。社長の影響でしょうか・・・・

私たちは工務店ですので、デザインだけではなく住まい方を提案できる工務店を目指しています。住まい方の提案とは、どのようなことかといいますと、ウッドデッキバルコニーをただ提案するのではなくそこで何をするのか重要です。風呂上りにそこでビールをのむ、年に一度の花火大会がよく見える。外でランチを楽しむ。・・・・・

この話は住い教室 設計の話で続きをお話します。

 

 

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス