スタッフブログ

杉の床材

こんにちは深谷です。
日頃、暮らしているリビング、
どんなスタイルで過ごされていますか?

大きく分けて床に座るかソファーにかけるかのどちらかだと思います。
両方のスタイルを使われるのもいいですね!
やはり、毎日帰ってきてゆっくり過ごすリビングは自分たちが
快適にリラックスして過ごせるスタイルでなければダメだと思います。
無理やり生活スタイルを変えると、
どうも馴染まないことが生じてしまいます。

では、リビングでの生活パターンに合わせた床の種類はどうでしょうか?

フローリング、畳、タイル、カーペット、クッションフロア、コルク
などなど様々な種類があります。その中で、
「この床、気持ちがいい」と思った床がどんな種類か、
その床が自分の生活パターンに合うかどうか?

そのなかでも、
木には柔らかい、固いなどそれぞれの特徴があります。
堅い木は見映えはとても良いのですが、
冬などは材自体が冷えてしまい、
ゴロ~ンと床の上に転がって何かするには冷たすぎます、
体も一緒に冷えてしまいますね。

例えば、冬場の体育館の床をイメージして頂くとどうでしょうか?
素足では過ごせませんね、カーペットなどを敷くのは、
せっかくの無垢のフローリングがなんかもったいなく感じる。

柔らかい木は日本の素足の文化に馴染みます、
外国は土足の文化ですので、
硬い丈夫なフローリングを使用します。

コスモホームでは杉や松の床材をよく使用していますが、
なんと言ってもこの床の良さは、調湿活動にも優れ、
夏は涼しく、冬は暖かい(冷たくならない)そして蓄熱効果があります。
床下で暖房をするソーラーシステムとの相性は抜群なのです。
その代わり、傷は付き易いですけどね、オイルを塗ったり、
表面を削ってメンテすることも出来ます、
これは無垢ならでわですね。

杉や松の床材、
傷が付き易い悪い材料と思われがちですが、
この様な良さがあります。

参考にして頂けると嬉しいです。

コメントする

お問い合わせはこちらから

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス