家づくりストーリー

GREEN TERRACE

家を建てよう私たちは結婚後、実家に同居するかたちで両親と生活をしていました。子供も少しずつ大きくなり、自由に子供の友達を呼んでワイワイしたり、動き回ったり、そういうことがなかなか同居生活の中ではしづらい気持ちがありました。また、私も建築関係の仕事をしているため、いつかは自分の家を建てたいと考えていました。そんないろんな思いがあり、実家の前の土地に家を建てようということになりました。
 
当初は新しい家で住めるような間取りを考えていましたが、親の意見も聞きつつ、継続して実家で暮らすことになりました。新しく建てる家は住むというより楽しく過ごせる場所を作ろうといった感じ、それが家づくりの始まりです。
その場所づくりに向けて、間取りやしつらえなど、思い描くイメージに近づくように作っていきました。

 

楽しさを求めて土地はあったので、あとはどこで建てるか。私たちは絶対この日までに家を作らなきゃいけないといった期限が特になかったので、最初はなんか家を建てたいな~とふわふわした感じで、とりあえず五社くらい資料請求しました。二週間ほどで資料が揃い、一ヶ月ほど放っておいて、その後やっと見に行ってみようかといった、そんなゆるい流れで進めていきました。その見学に行った中の一社がコスモホームでした。
 
モデルハウスやOBの方の家を見学し、その後、私たちの土地にどんな家が建つのか配置提案(スケッチ)を出してもらいました。その時、何でも好きなことをガンガンやりましょうといった社長の感じが、楽しく過ごせる場所を作るという私たちの目的に合っていたので、ここに頼んだら楽しいものが作れそうだなと感じました。 仕事の繋がりで設計事務所なども紹介してもらいましたが、タイミングが合わず、行くことはありませんでした。もしかしたら、もっと良い案が色々あったかもしれませんが、タイミングが合ったのと、楽しさがありそうと感じたのでコスモホームに決めました。家を建てようと決めてからここまで一年~一年半くらいかかりました。

 

様々な想い楽しいものを作ろうと始まったものの、やっぱりちゃんと子供部屋を作って、きちんと居住できる家を作るべきじゃないかという思いとの葛藤はありました。
 
新築する理由の一つとして、父の体調が良くなかったこともあり、遠出ができないなら、せめてすぐ目の前にのんびり出来る場所を作ってあげようかなという気持ちがありました。両親に「こんな感じで考えているけどどう?やりたい事あったら入れようか?」と聞くと、「自分達(両親)のことはいい。出来たら遊びに行くし、使わせてもらうけれど、お前たちの好きなもの作れ、それが一番いいんじゃないのか?」と言ってもらいました。ここに至るまで行ったり来たりしましたが、私たちの好きに作ろうと最終結論を出しました。
 
仕様の打合せでは、提案をしてもらった内容に対して、私たちがその時は良いなと思っても次の打合せで全然違うことを言ったり、「やっぱりあれ、AじゃなくてBが良いんですけど」と言ったりしましたが、できませんとは言わず、その場で考えてくれました。また、その提案に対してこちらの意見を伝え、よりイメージに近づくように話し合いができたことが良かったです。そんな流れもあり、打合せは時間がかかりましたが、納得して進めていくことができました。

 

これから家づくりをする方へ建物と外構の関係はとても重要だと思います。建物と庭が一体で、初めて建物が完成すると思っているので、外構に手を抜いてしまうと、建物のグレードが下がってしまいます。建物はもちろんですが、外構もとても重要なので、「皆さん、外構の予算、ちゃんと取っておいてください」
 
そして、一番は楽しんでくださいということです。家はお金の問題もありますし、それぞれに諸事情があると思います(私たちもありました)。それぞれの家庭にお金以外にも、簡単にできない、ずっと笑っていられない事情があると思います。けれど、楽しく作った方がいい!なんか、いやーな感じで建てると、多分、いやーな感じの家ができるんです。建てる場所がすごくいいところでも、建て主が楽しくないと家にも表れてきます。そこで暮らしていくわけですから、何より大事なことだと思います。

コメントする

お問い合わせはこちらから

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス