家づくりストーリー

有松町家Ⅱ

モデルハウスにひとめぼれ中古住宅に住んで3年。そろそろ建て替えをと思い、いろいろな工務店や設計事務所から資料請求したうちの一つが、コスモホームでした。 「家から近いし一度見に行ってみるか。」と軽い気持ちで訪れたモデルハウス。心地よい木の香りがするリビング、大きな窓、おしゃれな雑貨たちの飾られた其れは、大手ハウスメーカーのモデルハウスとは異なり、現実的で、かつ理想的な、とても素敵なものでした。
 
モデルハウスからの帰り道、今までどんな見学会やモデルハウスを見に行っても、微妙な反応しか見せなかった主人が、「俺こういう木の家好き。こういう家に住みたい!今まで見た中で一番いい!」と言ったのです。その言葉を聞き私は、「ここならきっと家族で楽しく家づくりができる!」確信し、いつかコスモホームで建てれたらいいなーと思うようになりました。
コスモホームで家を建てたいけど、今はお金もないし、もう少し先でもいいよね~!なんてのんきに夫婦で話していた矢先、中古住宅にシロアリが発生したのです。それからというもの、急速に我が家の家づくりが進んでいったのでした。
 

問題だらけの土地私たちの住んでいた中古住宅の土地は、眺めが良い反面、段差の多いとても扱いにくい土地でした。なにも考えず、日当たりや風通し、立地条件だけで購入してしまった土地故、こんなことになると思ってもおらず…。
できるだけ予算を抑える形で、いかにして対応していくか。梅村さんや森井さんには、何度も家を見に来てもらい、また役所等に相談してもらったりしました。

 
素敵な設計、楽しい打ち合わせ厳しい土地問題とは裏腹に、家の間取りや、仕様の打合せは、本当に楽しいものでした。間口の狭い縦長の土地に対し、広いリビング、独立した和室、リビング直結の夫婦のクローゼット、書斎などなど…。「ああしたい、こうしたい」と、注文が多いくせに、低予算な私たちでしたので、梅村さん、森井さん、榊原さんはとっても大変だったと思います。それでも、嫌な顔一つせず、私たちの我儘と、少ない予算とを、絶妙に考慮したプランを、何度も提示してくださいました。
 
そのおかげで、なんとか満足いく間取りへとたどり着くことができたときの達成感は、ひとしおでした。 また、完成目前の今、現場に足を踏み入れると、以前の中古住宅では感じられなかった、気持ちのいい風がスッと通るのが感じられます。 設計の段階で、森井さんが、「ここからこういう感じに風が通りますよ。」と図面で説明して下さったのを思い出します。その図面が立体化された今、本当にそのように風が通るのです。建て替えということで、以前、同じ土地に住んでいただけあり、間取り、特に窓の位置や、大きさ等の重要性を認識するとともに、本当に、コスモホームの家は、よく考えられているのだなと感じます。

 
優しいスタッフの方々に感涙!プランも決まり、いよいよ古家の解体という頃。 ちょうど私の出産が重なり、これからは中々現場を見に行けないなー、と思っていたところ、それを気遣ってか、何度も梅村さんが、現場の進み具合を連絡してくださったり、現場の写真を送って下さったりしました。 また、まだ決まっていなかった造作家具の仕様も、コスモホームの事務所に行って打ち合わせできない分、榊原さんが根気よく、何度もメールや電話でやり取りしてくださいました。 本当にコスモホームのスタッフの方は、みんな優しく、いい方ばかりなのです。本当にいくら感謝しても足りないぐらいです。
 

さいごに思えば去年の今頃考え始めた家づくりが、もう完成間近だなんて…。 あっという間の出来事でした。 家という人生最大の買い物が終わってしまうことが、少々寂しくもありますが、それ以上に、ウッドデッキでプールやバーベキューをしたり、家族みんなでゴロゴロしたり、季節ごとの飾りつけを楽しんだりと、楽しみなことが盛りだくさんです。 これからは、家族みんなで、この家を自分たちの色に染めていきたいと思います。 コスモホームの皆さん、ありがとうございました。 そしてこれからもよろしくおねがいします!!!!

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス