家づくりストーリー

山荘スタイルⅡ

自然に包まれる家yamakatahome_6木と土でつくった家が理想でした。
私が独身の頃に住んでいた家が、築百年(大家さん談)の古民家というより、古い傾いた家。夫が独身の頃に住んでいた所も、木造の昭和レトロなアパート。そこに、現在は家族で住んでいます。木造建築の呼吸をしている感じや、空気の流れから住む人も呼吸がしやすいように思います。人の手でつくっているあたたかさが伝わってくるところも、大きな魅力です。私達には木造建築が合っているような気がしていました。
 
この家を建てた人と木が合いそう!!yamakatahome_2子供が産まれてアパートでは手狭になり、一軒家に移ることを考えるようになりました。住宅展示場へ行ったり、建売や中古物件を訪れたりしましたが、琴線にひっかかる家はなかなかなく、時間ばかりが過ぎていきました。
 
そんな時、私の地元で好きだった「スプーン」の支店が近くにあることをネットで発見。懐かしくて、夫と八ヶ月の息子と一緒に行きました。ご飯を食べながら、ふと見ると、木造のモデルハウスが。外観が好みでした。食事後、迷わずに入ってみると、家の中もシンプルで、日本家屋の良い所を取り入れて更に住みやすくデザインされているように感じました。まさに、今までのモデルハウスでは「こんなんやったらいいのにな~」と思っていたことが「そうそう!これ!」と目の前に実践されています。窓の外の風景や木もかっこよくて素敵!「この家を建てた人と木が合いそう!!」と、勝手に友達気分で盛り上がりました。
 
楽しそうなスケッチyamakatahome_3それからは、コスモホームの見学会に参加すると同時に、土地も探し始めました。しばらくは古い日本家屋も好きで中古物件も探したのですが、最終的に子供のことを考えて、将来的に安心な新居を建てることを決心。二人目が産まれて家づくりを再開する頃には、いろんなハウスメーカーの中でも、最も親近感を抱いたコスモさんにお願いしようと決めました。
 
そのことをお願いしにコスモホームへ向かうと、予約なしで伺ったにも関わらず、鈴木社長がその場で対応して下さいました。そして、すぐに私達が思案中だった土地に合う家のスケッチをスラスラーと、まるで子供が落書き(失礼・・・)をするように鉛筆に迷いはなく、鼻歌まで心の中で歌っていたに違いありません。とても楽しそうなのが、こちらまで伝わってきました。
 
難航した土地探しyamakatahome_5土地探しは、二転三転・・・私達は、住宅が建ち並ぶ正統派な土地と、高台の不思議な土地を見つけ、どちらにするか迷っていました。正統派の方が子育てには良いし、不思議な土地は想像を掻き立てられワクワクする。でも、子供を優先して正統派に決めようとする私達を強引(?)に、不思議でワクワクする土地へ誘ってくれた社長。そういうところも頼もしいです。
 
ところが、不思議すぎて売れないと皆が思っていた土地が、まさかのタッチの差で売れてしまっており、残念!そして、その帰り道、がっかり意気消沈している私達がフラリと何気なく立ち寄った土地が、現在の場所なのです!ナビ通りの細い道を苦労して通り、途中で無理だと車を置いて徒歩で向かった土地なので、道中で「ここはナイな・・・」と思っていたのですが、たどり着くと私達にピッタリな土地。全てに意味があるってこういう事!?有難いことに車でたどり着ける道もあり、その後、無事に契約も済みました。
 
我が家yamakatahome_4その後は、スローペースな私達には考えられないほど、トントン拍子に家づくりは進んでいきました。私達の状況を見ながら、遠慮がちに背中を押して下さった営業の若原さんに感謝です。見学会のお誘いから、土地のバタバタの時も一緒に経験して下さり、フットワークがとても軽い。質問や疑問点に応じて下さる姿勢から、誠実で正直な方という印象です。
 
設計の森井さんと榊原さんとの打合せは毎回とても楽しくて、最終日には淋しさを感じてしまうほどでした。森井さんの知的な瞳と、あふれ出てくる様々なアイデア。榊原さんの私の好みを分かって下さって出してきてくれるアイテム。迷っている時の「いいですね」という言葉に何度も救われました。建て始めてからも、さらに良い家にしようと新しい提案を頂き、こちらからもギリギリのところで変更をお願いしたりして、今までに言った事がないほどの一生分のわがままを言わせてもらい、ご迷惑をおかけしました。頭の中にある事を、つたない言葉で伝えているのにも関わらず、それ以上の形にして頂き、感謝しています。
 
他にも感謝してもしきれないほどお世話になった方々にこの場でお礼を伝えたいです。
作業着でもおしゃれさんを醸し出している電気の岩月さん。真摯な眼差しで頼もしい感いっぱいの現場監督の石原さん。いつも和を和ませて下さりました。個人的に憧れの職業である大工さん方。実際に形にすることの大変さを鼻歌を歌いながら、こなしている大工さんはかっこいいです。見習いたいです。完成見学会やOB宅訪問で快く迎えて下さったコスモファミリーの皆さま。その他にも、裏方で関わって下さっている方が大勢おられると思います。本当にありがとうございました。
 
これからの暮らしyamakatahome_1コスモホームと出会った頃は、赤ちゃんだった長男も2歳になりました。子供の事を優先に考えがちな私達に、子供がいるのは何年かの間だけ。自分たちの生活を考えてとのアドバイスを頂き、暮らし方を再確認するきっかけとなりました。日常の生活が大切で、全ての基本である事。そこから、子供や仕事につながっていくことを改めて考えさせられました。
 
おかげさまで、私達にとって居心地良く暮らしを楽しめる家が完成しました。この家から、空や海や、季節と共に移り変わる自然を見ることが今からとても楽しみです。居心地が良すぎて、たまの休日には、昼間からお酒を嗜んでしまいそう!ま、それもいいか!?

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス