家づくりストーリー

毎日が心地よく 暮らしやすさをとことん追求した家

きっかけ
jitinsaiok.JPG結婚当初、夏は熱帯のように暑く、冬は寒く窓ガラスは結露でビショ濡れ、
梅雨時期はムシムシしたアパート暮らし…
ここではそう長くは暮らしたくない、家を建てるなら呼吸する家にしたい、
そう思っていました。
ハウジングセンターへ行くと、あるハウスメーカーで
「土地はお持ちですか?」と聴かれ、
土地を探していると答えるとそっけない態度に。
これからの道のりの長さに不安を感じました。

その後は新聞の折込広告を注意深く見ては、
建売住宅やマンションのモデルルームへ。
営業の方がその日のうちに来てしつこく勧誘されたり、
建売住宅を仮契約し、その後検討した結果、解約したりといろいろな事があり、
徐々に家のことを考えるのが億劫になっていました。

そんな中、2008年6月、コスモホームの完成見学会のチラシが入りました。
木が呼吸する感じの家の写真で惹かれるものを感じたものの、
再び家探しを始めるには抵抗があり、
とりあえずそのチラシを取っておいたのでした。

再スタート!
tatekataok.JPGその1ヶ月後、ふと取っておいたチラシが気に掛かり、
じっくり読んでみることに。
「暮らしてみたい家は暮らしてみたいと思う家を見つけることから始まります」
「知れば知るほど家づくりが楽しくなる、目からウロコの住まい教室を行っています」
と書かれていました。
半信半疑でしたがしつこい営業はしないと書いてあったので、
まずは住まい教室「ローンの話」に参加することにしました。
人生最大の買い物は、住宅や土地ではなく「住宅ローン」である…
から始まり、家を建ててから家計の何に重点を置き、
何にお金をかけるべきなのか?を教わりました。

チラシにあったとおり、営業らしい話は
「是非一度、見学会にお越しください」くらいでした。
見るだけなら…と次回の見学会に出かける事にしました。
緑区大根山の家を見学させていただき、
初めに驚いたのは2階リビングで、
それに続くウッドバルコニーからの見晴らしに感動しました。
社長から「ここで何をしたいですか?」と聴かれ
主人はビールを飲み、私は天気の良い日は朝食を楽しみたい、
と少しずつ夢が膨らみました。
深谷さんのソフトな喋り方にも好感が持て、
居心地がとても良くて長居をしてしまい、
帰りの車中でも「あんな家がいいね」と2人で話していました。

それから住まい教室「設計の話」に参加し、
家づくりの進め方や土地の選び方など、
他では教えてくれない、まさに目からウロコものの話が聞けて、
半信半疑だった気持ちも無くなり、
「家づくりはコスモホームにお任せしよう」と心に決めたのでした。

コスモタウンとの出会い
以前のトラウマから今度は失敗しないよう、
焦らずマイペースに進めていこうと決心。
のんびりと完成見学会やOB交流会に参加して
コスモスタイルを学びつつ、土地を探していました。
不動産屋さんの情報で気になる土地があれば現場へ。
さらに深谷さんに連絡をして、社長に現場を確認して頂きました。
そんな中、今から1年程前に梅村さんから
「瀬戸でいい土地がありますよ」と連絡を頂き、
早速現場を見に行きました。
そこは竹薮の土地で、家が建つとは想像しがたいようなところ。
でも「ここに3軒のコスモホームの家が建ちます。かっこいいですよ!」
と社長の太鼓判付きでしたので、これも何かの縁だと感じ、
ここに家を建てる決意をしました。

暮らしがカタチに
joutousikiok.JPGそれから土地の分筆、造成などで月日が過ぎ、約半年後。
社長から提示された、家の中に流れる風、
南側の開放的な景色を活かしたプランに納得。
キッチンが土間続きにならないかとお願いし、
森井さんにあらゆるプランを出して頂きました。
ですが2階の間取りを活かすため、結局は最初に提示されたプランに。
あの時は本当にご迷惑をおかけしました。
打ち合わせ中も、真面目な中にお茶目なところが見え隠れする森井さんや、
それをニッコリと見守る溝口さんに癒されました。
森井さんに「こんな感じにしたい」と言うと、
ササッとデッサンして提案をしてくれました。
溝口さんに「アイロンやミシンをしたい」と言うと、
「家事室ですね」と私の要望を察してくれました。
おかげでコンパクトながら、私たちらしいシンプルなプランができあがりました。
その後間もなく、社長には、
私達の家づくりを心配する両親の家まで足を運んで頂き、
深谷さんには資金計画や銀行の融資の件など
親切にいろいろな事を教えていただきました。

完成
ohikiwatasiok.jpg工事は地鎮祭→着工→上棟式と順調に進み、
ブログで進捗状況を確認。
図面が立体的になっていく姿にワクワクしながら、
時には現場へも足を運びました。
工事監督の石原さん、現場で変な質問や無理なお願いに
快くお付き合い下さり、ありがとうございました。
工事に関わった皆様のおかげで、とても素敵なコスモハウスが完成しました。
主人が「こんな素晴らしいキッチンだから料理が苦手とは言わせない」
と言うので、私は嬉しさ半分、プレッシャー半分です。
時には仲間を呼んでバーベキューをしたり、ランチやお茶をしたり。 
ソーラー「そよ風」のぬくもりを感じながら、ストレスを感じない暮らしをしていきたいです。

家を建てる方へ
私達のように初めは半信半疑でも、こうして素敵な家を建てることができました。
コスモホームは私達の身になって
真面目に取り組む方々ばかりですので安心してください。
そしてコスモスタッフの皆様、

今後も家づくりのサポート(OBの方にはアフターメンテナンス)を、
今までと変わらないスタイルでして頂けたらいいなと思います。
末永いお付き合いを、よろしくお願いします。 

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス