家づくりストーリー

家族と共に年月を経て、暮らしが広がっていく家

きっかけは“ラッキー”  
子どもが生まれ、当時住んでいたアパートが手狭に感じるようになり、
そろそろ家づくりを始めなきゃ・・・と思っていた頃。
「来場者に有名菓子店のケーキをプレゼント」というハウスメーカーの広告が入りました。
「タダでケーキをもらえてラッキー」くらいの気持ちで展示場に行ったのですが、
今思えば、この時から私たちは真剣に家づくりについて考えるようになった気がします。

それからは積極的に土地探しや住宅展示場に行くようになりました。
また、知識が無い状態で家づくりを進めることに不安を感じ、
図書館で本を借りて読むなどして、情報収集もしていました。

そして大手のハウスメーカーによる家づくりに疑問を投げかけた
「あたり前の家」という本に出会いました。私たちはその本の内容に衝撃を受け、
自然素材を使い、住み心地の良い家づくりをしている工務店を探し始めました。

出会い
コスモホームとの出会いは「長久手の家の構造見学会」でのことでした。
木の香りや風通しが心地良かったこと、そして屋根裏部屋があり、
面白い家だと思ったことが記憶に残っています。

その後、瀬戸の2棟合同完成見学会に参加しました。
2階リビングの家の、別荘にいるかのような心地よさに感動。
次に訪れた、広い縁側が心地いい家で社長と初めてお会いし、お話をしました。
今思うと、このとき既にコスモスタイルにはまっていたのかもしれません。

土地が見つかった!
そんなある日、地元の不動産屋さんから土地の案内が入りました。
その土地は日照は期待できないものの、金額や立地など私たちの条件にぴったり。
すぐに梅村さんに連絡し、翌日、朝イチで社長に土地を見てもらうことになりました。
社長の「いいと思う」との言葉に後押しされ、ついに土地を購入することに決めました。
実は、この時点ではコスモホームさんにお願いすることを、まだハッキリとは決めていませんでした。

しかし、設計教室や見学会を通して、家づくりに対するコスモホームさんの考え方を
信頼するようになっていたこと、そして見ていただいた土地に生えていた桜の木を
「切らずに活かしましょう」と言って下さったことがなんだか嬉しく思えて、
コスモホームにお願いしようと決めました。

目からウロコ
最初のプランを見せてもらったとき、リビングを中心に考えていた
私たちのイメージと違って少し戸惑いました。
でも「キッチンを家の中心に」という社長の言葉に目からうろこがポロリ。
その後の打ち合わせでは考えること、決めることがたくさんあって大変でしたが、
たくさんアイディアをいただき、楽しみながら家づくりを進めることができました。

コスモスタイル
社長をはじめ、スタッフの皆さんとお話していると、
「コスモスタイルが好き!」という思いが伝わってきます。
私たちが暮らす家を自分の家のように真剣に考えていただけることが本当に嬉しく、
またそのような家に住むことができる私たちは幸せだと思います。
 
これからも長いお付き合いになるかと思いますので、よろしくお願いします。

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス