家づくりストーリー

アクアリウムハウス

漠然とした思いakahome_1今住んでいる社宅は、主人の会社にも近く、夫婦2人の時はそれなりに問題なく暮らしていました。入居期限もまだまだ先だったので、のんびり暮らしていたのですが、子どもが産まれ、物が増え、多少狭さを感じ、子どもがもっと走り回れるお家に住みたいなぁと漠然と考えるようになりました。
 
私たちはもともとインテリアが好きで、買う予定もないのに、お家の雑誌やリノベーションの事例雑誌などを見て「マンションなら自分たち仕様にリノベーション。戸建なら、注文住宅。」と想像を膨らませていました。でも、関西出身の私たちは、どこに住むのが理想に近い地域なのか詳しくなかったため、時間があればドライブし、「この辺いいね。」なんて言いながら、愛知県内をうろうろ。

気になるチラシuntitledまずは、軽い気持ちでハウジングセンターへ行ってみる事に。 「う~ん。なんかぐっと来ない。」そして、営業の電話や訪問。
なかなか気持ちが前に進みませんでした。
 
そんな中、たくさんの建売物件や宅地情報のチラシが入る中、1枚のチラシとの出会いがありました。そのチラシはコスモホームとは違う他社のチラシです。インターネットで調べ、完成見学会へ行ってみました。私たちの好きな感じで、出会った営業や設計の方もとても感じが良く、前向きに考えるようになりました。でも、家は高い買い物。ハマると、どんどん調べたくなる私たち。気付けば、主人は建築雑誌をいつも持ち歩いていました。

ふらっと出会うakahome_3ある雪の日。雪も解けてきたので「カフェでも行く?」とふらっと通りかかったコスモホーム。
「何ここ。モデルハウスやん。」今までにない建物に魅かれ、尋ねました。そのとき突然にも関わらず、親切に対応してくださったのが深谷さんでした。
 
暖炉に木の匂いが香る室内、大きなウッドデッキ、外観も素敵!とコスモホームさんが候補に。更に多趣味な主人は好きなものをわかってくれる深谷さんと話すのが楽しそうだったことも印象に残っています。この事がきっかけで、主人の土地探しは本格化していきました。
 

難しい土地選びakahome_5それから、OB交流会や完成見学会に積極的に参加しました。そこで出会う素敵な暮らしをされているOBさんたちの生の声を聞き、ますます興味がわきました。そうしていると、希望の地域でいいなと思う土地が見つかりました。でも、良い土地の判断が難しい。そこで深谷さんに相談すると、その日のうちに森井さんと見に行ってくれ、さらさらと2パターンもスケッチをしてくれました。でも、値段や玄関までの階段の多さが気になり、この土地は断念。
 
なかなか希望の地域には見つからない中、まったく探していなかった地域の土地を主人が見つけてきました。
希望の条件を見直してみると、ほぼ希望に近い。即深谷さんに連絡をし、また、すぐ見に行っていただき、後押しもあり、購入へ。そして本格的な家づくりへと進んでいきました。
 
 
これからのお付き合いakahome_4一生に一度の高い買い物。大変だけど、気になる2社で基本設計を描いてもらうことに。出てくる設計図は全然違うもので、それぞれに良さがあり、迷いました。でも、不安に思うことを伝えると森井さんがすらすらと代替案を出してくれ、どんどん素敵なお家にしてくれました。そして、太田さんがやんちゃな子どもの相手をしながら、やさしくフォロー。
 
最後の決め手は、自分たちの希望に対しての120%の提案。出会う社員の方が、信頼でき、これからも長く付き合っていきたいと思ったことです。
また、主人のマニアックな趣味にも「できません。」とは言わず、調べて素敵な提案をしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

 
人生を楽しむakahome_6一生に一度の家づくり。
たくさんのアドバイスをいただき、自分たちらしい家づくりができたと思います。無理をたくさん聞いて下さった深谷さん、森井さん、太田さん。そしていつもあたたかくご対応いただいた社員の皆様。そして快く暮らしを見せて下さったOBの皆様。本当にありがとうございました。
 
これからは、ウッドデッキでバーベキューをしたり、野菜づくりにチャレンジしたり、趣味に没頭したりと楽しみたいと思います。

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス