スタッフブログ

M邸の上棟式と電気打ち合わせ。

 

M邸の上棟式がありました。
いつも、上棟式の前に最終の電気打ち合わせを致します。
図面では解りずらいので、実際のコンセントやスイッチの場所を確認して、
テープで印を付けて行きます。このやり方はとてもお客様に好評です。
コンセントや照明の位置が少しづつ変わる事が多く、やっぱり現場確認を
する事で新しい発見やアイデアも出てきます。

電気打ち合わせの後は、上棟式に入ります。
お客様にとっても、私たちコスモホームにとっても一つの節目になります。
改めて、「いい家をつくるぞー」と気合が入ります。

式における、お施主の挨拶はいつ聴いても心に響きます。
この仕事をしていて良かったーと思える瞬間です。

工事の安全と竣工に向けて、皆で力を合わせて頑張って行きます。
Mさん今後ともよろしくお願い致します。

 

100_4970.jpg
100_4980.jpg

雪が降ったら…

雪ダルマ 003.jpg
 キレンジャー小森です。小森家では雪が降ると創作活動が始まります。先日は弟たちが高さ1mほどの雪ダルマを作りました。ただせっかく作ってもすぐ融けて無くなっちゃうのが悲しいところですよね。でも1手間かけるとぐっと長持ちするんです。その方法は凍らせること。雪を集めて形を作っていく途中、じょうろ等で雪の表面を凍らせるんです。こうして表面を保護すると気温が上がってもなかなか融けません。この冬はまだ寒さが続いているので雪が降ったら試してみてくださいね。

H邸の地鎮祭

先日、H邸の地鎮祭が行われました。
久しぶりに、名古屋市のど真ん中での工事になります。
一般的に、町中は狭い道路で両隣がびっしりと立ち並んでいる場所が多いですが
このHさんの土地は、隣が畑になっていて日当たりはとても良いです。
そして、道路の交通量も少なくとても静かな所でした。

この日は、家族4人と御主人のお母さんが参加され、日柄と天気も大変良い日になりました。
晴れ男のお陰かな?

100_4966.jpg

雪の日の通勤

 

 

2008.02.12.JPG
2月9日は年に1、2度の大雪がふりました。13cm これでも名古屋では珍しい大雪と言えます。私は春日井市高蔵寺より会社に1時間ぐらい電車通勤しているのですが、その日は真っ白な景色を見ながら雪国を楽しんでいたのです。そしてちょっとした違いに気が付きました。屋根から雪が融けだしている。又はすべり落ちたものと、まだまだ雪が積もっている家があって、その光景はどこでも目に付きました。どうしてだろうか?もちろん屋根の勾配や摩擦力、材質が関係していると思います。でも同じような条件の家でも融けている家と解けてない家があるのです。なぜか?・・・・そして私の出した結論は、その家は『低気密・低断熱』のためではないだろうか、、、早朝暖房をつけた熱が、天井裏に漏れ小屋裏空間を暖めて早く屋根の雪が融けたのでは・・・・それは寒い家と言う事です。あくまでも森井説です。COSMOの家は急勾配ですから、早く雪は落ちますが暖かい家です。

刈谷ハイウェイオアシス

 キレンジャー小森です。今日は伊勢湾岸道のサービスエリア、「刈谷ハイウェイオアシス」に立ち寄りました。この施設は観覧車や足湯温泉、多彩な飲食店があるなど従来のサービスエリアを越えるサービスを提供しているのですが、感心するのは一般道からのアクセス・集客を取り入れている点。道路公団民営化で採算意識が向上しているのでしょうか。いつも多くの人でにぎわっています。ちなみに小森のおすすめは「牛肉しぐれカレーきしめん」です。おいしいです。

page378 of 386« 先頭...376377378379380...最後 »

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス