家づくりストーリー

行き着いたのはCOSMO STYLE

不思議なご縁
漠然と長男が小学校に入学する前までには家を建てようと思っていました。
土地は幸せなことに主人の母が用意してくれていました。
主人も私も木の家がいなぁ・・と。waka_1.jpg
でも、どの工務店に頼んだらいいのか見当もつかず、
とりあえず住宅展示場に足を運ぶことに。そこで
「気密性が高くエアコンをつけっぱなしにしておく方が省エネなんですよ。」
という説明につけっぱなしのどこがエコなの?と首をかしげるだけでした。
私はもともとエアコンが苦手でコンクリートの
現在のコーポでさえ極力使わないのに、
全く私達の生活スタイルに合いません。

 そんな折、主人が仕事でたまたま豊橋の工務店の方と知り合いになり、
手渡されたパンフレットをみて一目惚れ。
名古屋は遠いので仕事を受けられないと言われ、コスモホームともう一社紹介してもらいました。
帰宅した主人が興奮気味に話をしてくれ、私もパンフレットを見て釘づけになりました。

そしてコスモホームの名を聞いて、びっくり!
実は実家の父が現役時代に仕事でコスモホームさんと関わりがあり、
実家のリフォームもコスモさんでお願いをしていて聞き覚えがあったからです。
何かご縁がある?と思いながらも、早速見学会に申し込みました。

大きな壁
見学会では、中に入ってびっくり。
なんだかおしゃれな雰囲気、わぁ、素敵!と思っていると深谷さんがソフトな口調で
「風が流れるように計算して設計しているのでエアコンをつけなくても涼しいんですよ。」と、まさに私の理想。
エアコンをつけない生活!この一言で私の心は決まっていました、主人もかなり気に入った様子。
トントン拍子で工務店を選んだまではよかったのですが、
ここで予算という壁にぶつかってしまいました。
waka_2.jpg
友人にこの工務店もいいよと薦められた所で
見積りを出してもらうと予算内で家が建つとのこと。
コスモさんのように“これだ!”というインパクトもなかったももの
予算内でおさまるという魅力におされ、コスモさんを断ることに・・・。

電話をかけると深谷さんと鈴木社長が家まで来てくださり、
「すみません、そこまで不安にさせてしまって。
不安を相談頂けなかったことはこちらのコミュニケーション不足です。
なんとか不安を解消して楽しい家作りにしましょう。
せっかくご縁があったのですから、はいそうですか、さようならでは寂しすぎます」と、
もともとお気に入りのコスモさんで予算が収まるのなら、
そしてそんな風に言ってくださるのも嬉しくて、
またコスモさんとの家作りが始まりました。

信頼
同時期に他社で家づくりを始めた友人でしたが、担当者が辞めて、
「また一から説明し直さなくちゃいけない」というのを聞いて、コスモさんではそんなことは無いなと。
コスモ社員全員で私たちの家に携わって下さっていると確信し、また安心感がありました。
 

納得のいく家づくり
打ち合わせは毎週4~5時間に及ぶ長丁場でしたが、waka_6.jpg
家が具体的になっていく過程はとても楽しいものでした。
いろいろ細かいことも丁寧に話して下さり、納得させてくれる森井さん。
予算オーバーになりがちな私たちの希望を
見事な代案で解決してくれた溝口さん。ありがとうございました。
現場では石原さんが細かなことに気を配って下さいました。
そうそう、地鎮祭の日は石原さんのお誕生日でもありましたね。
またこれもご縁だと思いました。

はじまる
コスモホームさんにはご縁に導かれてこうして家を建てて頂いたと思います。
私たちが理想としていた家、木の家、風通しのいいエアコンのいらない家、
waka_8.jpg光が良く入る気持ちのいい家、
友達がいっぱい集まれる家を現実のものとして頂きました。
願わくば導かれるといったところでしょうか。
願いをかなえてくれたコスモ社員皆様に感謝です。
 
最後に家作りをされる皆さん!早めにいろいろ決めましょう。
私たちは和室の障子をギリギリに決めたため、
いろいろ支障もあり、ご迷惑もかけてしまいました。
カーテン、ポスト、表札といった所でしょうか、気をつけましょう。
皆様も素敵な家を現実のものとされることを願って、Good Luck!です。

コメントする

その他の情報

  • コスモスタイル
  • ギャラリー
  • イベント申込み

おすすめの情報

コスモホームのモデルハウス